独立起業のすすめ

  • TOP
  • 独立起業のすすめ
  • バーチャルオフィスの老舗のユナイテッドオフィスの評判は、みなさまから信頼されて18年。

バーチャルオフィスの老舗のユナイテッドオフィスの評判は、みなさまから信頼されて18年。

2022.08.18

  • バーチャルオフィスを選ぶならユナイテッドオフィスがおすすめ

“働き方多様化に適したユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは、 オフィスに入居することなく、ご自宅や地方、海外のオフィスなどユナイテッドオフィス から住所・電話番号やFAX番号を借り受け、届いた郵便物は転送し、 クライアント様からかかってきた電話についてはボイスワープ(転送)または、 オペレーター(電話秘書代行)が対応するサービスを、バーチャルオフィスといいます。 法人会社登記可能なユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは東京都心で 起業、在宅ワーク、各種法人、通販、個人事業など拠点としてまた、 地方の企業様の東京サティライト・オフィスとして、その他、サークル、組合団体 の連絡先としてもご利用いただけます。

ユナイテッドオフィスの特長

都心にオフィス機能のすべてがそろう!

ご自宅に居ながら、あたかも都心のオフィスに居るような感覚。国内のご自宅や地方、
海外などで、ユナイテッドオフィスから住所・電話番号やFAX番号を借り受け、届いた郵便物は転送し、クライアント様からかかってきた電話については、ボイスワープ(転送)または、オペレーター(電話秘書代行)が対応するシステムをユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスといいます。

ユナイテッドオフィスは、みなさまのライフワークをより良くしたい、そんな想いで動いている企業です。

ユナイテッドオフィスはみなさまから信頼されて18年。

信頼と安心のユナイテッドオフィス幅広い方にご利用をしていただいております。
ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスでは、起業、フリーランス、テレワーク、プライベートカンパニーなどでご利用ロータリークラブやライオンズクラブ、三田会や大学同窓会等の事務局、銀行口座開設代表窓口としてご利用されている方専門家や研究会、有識者会の拠点ネットワークとしてご利用される方など、ご入会者の約30%が既存会員様からのご紹介となります。

バーチャルオフィス東京のユナイテッドオフィス
ユナイテッドオフィスのスタッフ

コスト・リーダーシップの実現は売上最大、経費最小

経営とは非常にシンプルなもので、その基本はいかにして売上を大きくし、
いかにして使う経費を小さくするかということに尽きます。

これは、稲盛和夫氏の経営哲学であり、経営の原点ともいわれています。

売り上げが増加すれば、それに伴い経費も増加すると考えがちですがそれを抑えることができれば
、当然ながら利益も増える。気が付かないうちに食われている。

「間接費は二本の足で歩く」と言われていますが、放置すると歩くどころかすべてを食い尽くされる。
じわじわといつの間にかに増殖し、売り上げが減少したときに、その浸食が露呈する。

固定コストを圧縮して利益を生む
経営の目的は「利益を出す」ことにあります。

その方法として4つの方法があげられます

1、まず、売上を上げること。

売上を増やすには、1)「売上単価を上げる」つまり値上げする

2)「販売数量を増やす」    

売価が変わらなければ営業努力で販売数量を増やすしかありません。

次に、コストを下げることです。

コストダウンには、2つの方法があります。

「経費を下げる」「回転率を上げる」の2つです。

経費を下げるためには、
売上のもとになる原価や固定費を下げて粗利を増やす粗利から引かれる販売費用や
管理費・労務費・支払金利、事務所賃料固定費などの経費を下げることが必要になります。
売上げが10億あったとしても経費が8億かかれば利益は2億、
一方で売上げが5億だとしても経費が2億で済めば利益は3億となる。

固定費削減はバーチャルオフィスを活用しよう!!

新規事業は実際にやってみないとわからない。

かつて、新しい事業をスタートさせるためにはオフィスを賃貸借する保証金敷金6ヶ月分を預ける
(手持ち資金が眠ることになる)、
固定ビジネス電話や複合機を設置する必要があった。
当然ながらそこには固定コストが毎月発生する。

売り上げがある、なし、にはかかわらず、毎月の出費は当然のごとく負担となってくる。

だが、近年はIT通信やクラウドなどの進化もあり
また、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなど都心にオフィス機能のすべてが揃った、
新しい時代のオフィスを活用するのもいいかもしれません。


ユナイテッドオフィスならすべての拠点の会議室がご利用できます。

ユナイテッドオフィスならバーチャルオフィスでもリアルスペース貸会議室やコワーキングスペースの利用も可能

すべての拠点のオフィスの会議室が1契約で利用可能です

利用したいときに利用したい時間でスマートに利用する
ユナイテッドオフィスの拠点も

中央区銀座、日本橋、港区南青山、虎ノ門、渋谷、渋谷神宮前、西新宿、池袋など都心一等地に点在しています。

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスでも会議室がある

フリーランス、ノマドワーカーコワーキングスペースやセミナー、教室などにオフィススペースや貸会議室を使用することができ、必要な時間だけ使うので無駄なコストを削減することができます。ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは各地方や海外事業会社のサテライトオフィスとして利用することができ、バーチャルオフィスでライフワークを楽しむ新時代の多機能オフィスき、海外や地方法人の東京拠点、起業や通販ビジネス、利用されている会員の方にはビジネスが成功し、事業を拡大されている方もいます。

ユナイテッドオフィスは、使たいときに使いたいだけ時間の料金

ユナイテッドオフィスなら使たいときに使いたいだけ時間の料金を払えばよく、毎月ランニング費用の負担もかからない。郵便物の週1回の転送がついて、月額2310円(税込)〜という価格で、すべてのプランで株式会社や合同会社などの法人登記利用の料金が含まれているこれなら、新規事業に毎月発生する固定費の心配はいらない。

ユナイテッドオフィス会議室

ユナイテッドオフィスの会社設立手続き代行サービス

ユナイテッドオフィスならバーチャルオフィスでも会社設立登記もできます。

株式・合同会社設立登記手続き登記申請書類作成から申請登記完了まで5,500円で代行させていただきます。サービスプランですので月10社限定とさせていただきます。

バーチャルオフィス会社設立登記

法人での銀行口座開設も可能

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら法人での銀行口座開設も可能です。
※ただし、法人口座開設の開設手続きを行うにあたり、金融機関において申込者本人も含め総合的に判断されます。


バーチャルオフィスに関する質問

バーチャルオフィスで登記ができるのか。

結論から言うと、ユナイテドオフィスのバーチャルオフィスなら登記は可能です。本店所在地の登記場所に特に制限はありません。

注意は同一住所に同じ法人名で法人設立をすることはできないので、登記をする前に管轄の法務に確認が必要です。

バーチャルオフィスのメリットは、初期費用やランニングコストが低いことが大きなメリットです。


バーチャルオフィスで会社設立登記

会社設立登記にあたり必要となるもの

代表取締になられる方
① 印鑑証明書(3ヶ月以内)2通(うち1通は予備)
② ご実印
③ 身分証明書写し(運転免許など)

取締役になられる方
④ 印鑑証明書(3ヶ月以内)2通(うち1通は予備)

資本金をお振り込みいただいた通帳のコピー 
資本金については、既存の個人通帳に、
今回の資本金額ぴったりでの「入金履歴」が必要となります。
前後の入出金及び残高はまったく関係ございません。
振込名義は現金預け入れでも、別通帳からでも構いませんが、
できましたら他人名義でのお振込は避けた方がよろしいかと思います。

支店登記の場合には、
対象となる法人の全部履歴事項(登記簿謄本) (3ヶ月以内)1通
 
法人(会社)用の印鑑
印 鑑(登録用・会社実印として)
銀行印
の2つの印鑑が必要となります。


バーチャルオフィスは融資や銀行口座の開設に影響はあるか。

バーチャルオフィスで登記したからといって、必ずしも融資や銀行口座の開設に不利になるということはないでしょう。

実際のオフィスが必要のない事業であることを説明できれば、融資申し込みでデメリットが発生することはありません。
重要なことは、事業内容や将来性であり、その会社が信頼できるものかどうかです。

銀行口座の開設においても、ユナイテッドオフィスならバーチャルオフィスであることから開設できないということはありません。
しかし、去年から口座開設においては暴力団対策法等の関係で厳しくなっていますので、審査に多少時間がかかる可能性はあります


ユナイテッドオフィスの運営企業情報

ユナイテッドオフィスの運営会社である

(株)ユナイテッドコンサルティングファーム は、創業支援不動産コンサル、宅建取引業の免許保有会社、自社物件を保有しているなど安定した経営基盤

時代はまさにパラダイムシフトの最中

いまや終身雇用・年金など制度崩壊といわれて久しい時代にあり、また高齢化はますます深刻化していく傾向にあって、会社都合での早期退職や親の介護などでやむを得ずに離職しなければならないこともあるでしょう。
また、起業したいが資金面で心配されている方など事情は様々。
一方でビジネスワークの環境は、IT通信が進歩していくなか固定費のかかるオフィスを借りなくても、ITインフラさえ整っていれば、どこでも仕事はできる環境にあります。

例えば、都心にあるユナイテッドオフィスを利用して、自宅を軽井沢や沖縄などリゾート地へ移すなど、ライフワークを楽しむこともいいかもしれません。
これからの人生100年時代に向けては、働く方の置かれた個々の事情に応じての『働き方の多様性』があり、また『自らで稼ぐ力』が求められています。
ユナイテッドオフィスは、このような変化し続ける環境にどう対応していくべきなのか、
その課題解決のための一助となり、みなの良きライフワークの実現に貢献したいという想いで活動しております


ユナイテッドオフィスは内閣府主導の地方創生推進事業に参画

(ワーケーション推進)人生100年時代にあって、働く方の置かれた個々の事情(例えば親の介護や子育てなど)に応じての『働き方の多様性』時代の趨勢を鑑みて、当社は「人々のライフワークを、より良くしたい」を理念の基に活動させていただております。いまやビジネスワークの環境は、ITインフラさえ整っていれば、どこでも仕事はできる環境にあり、
都心と地方とのハブとしてのバーチャルオフィス、コワーキングオフィスや通信システムなど、地方に居ながらにして都心のビジネス機能を利用できるシステムをご提供させていただきます。

内閣府主導の地方創生推進事業

ユナイテッドオフィスのテレワーク

ユナイテッドオフィスならオフィスを持たずに、都心の一等地にオフィス機能の全てが揃います。バーチャルオフィスで実績のあるユナイテッドオフィスなら安心してご利用できます。

東京でバーチャルオフィスを選ぶならユナイテッドオフィス

バーチャルオフィスを選ぶなら実績のあるユナイテッドオフィスがおすすめです。