独立起業のすすめ

渋谷バーチャルオフィスエリアは、2022年いまや、再開発が興隆の真っ只中

渋谷バーチャルオフィスエリアは、2022年いまや、再開発が興隆の真っ只中

2022.02.25

インバウンドでも渋谷や表参道は観光スポットであることも言うまでもない。

バーチャルオフィス渋谷のユナイテッドオフィスを利用して自らのアイディアを駆使して渋谷から世界へ発信してもおもしろいかもしれません。オフィスを持たない新しいオフィスの形として、近年注目を集め需要も増えているのがバーチャルオフィスです。


渋谷で会社設立をする

東京都心一等地、渋谷オフィスとなれば毎月の賃料もかなり高額な出費となってしまいますが、バーチャルオフィスならばコストを大幅に削減することが可能となっています。必要なとき必要な時間だけ使用するので、無駄なコストを削減することができ、必要なときに必要なだけ、渋谷オフィスの会議室を利用することができるという利便性の高さと、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス渋谷であれば、渋谷の住所で株式会社や合同会社などの各種法人で登記ができ、法人での銀行口座開設も可能となります。

渋谷でオフィスを構えることは、企業としてある程度のステータスを感じさせ、取引先や顧客からの信頼性を勝ち得ることにつながるでしょう。

しかし、渋谷のオフィス賃料は高く、年々上昇を続けている為、オフィスを構えることはできても維持費が難しいという企業も少なくありません。

ましてや、企業として立ち上げたばかりのところや、自社のオフィスを構える前のSOHOでは、オフィスを賃貸するために事業資金として銀行が融資をしてくれるかどうかわかりません。比較的若い20代、30代の人も起業をしたいと考えている人が多いですが、東京の一等地にオフィスを持つと賃料などの固定費が負担となる。

また、FAXや電話などの通信費なども必要になってきます。現代はITの接続環境が整っていると、オフィスを持たずに起業をすることが可能です。

渋谷のバーチャルオフィスを利用すると、オフィス機能に必要なものが揃っていますし、法人登記ができるのが特徴です。


バーチャルオフィスで固定費の削減

人件費や通信費、家賃などの固定費を削減したい場合は、ユナイテッドオフィスの渋谷バーチャルオフィスを利用すると便利です。ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは18年の長い歴史があり、公的に登録をされている専門業者なので、親切で丁寧な応対が特徴です。

渋谷のバーチャルオフィスを利用すると、FAXや電話なども購入する必要がありませんし、住所を登録しておくと郵送物なども転送してもらえます。

クライアントから重要な電話があった時は、電話オペレーター、電話秘書業務なども代行をしているので、仕事のチャンスを逃さずに済みます。

渋谷のバーチャルオフィスはリーズナブルな料金で、会議室が利用できるので幅広い年代の人に人気があります。

会社を設立するためには高額な費用が必要だと感じている人が多いですが、バーチャルオフィスを利用することで、事務所固定費を削減できるので、利益を上げることが可能です。東京の一等地にオフィスに必要な設備が揃っているので、効率良く仕事をこなしたい人に人気です。現代は初期費用を抑えて会社を設立することが可能なので、20代、30代の若い起業者が数多く活躍をしています。渋谷のバーチャルオフィスを利用したい人は、平日はもちろん土曜日も電話応対をしているので、まずは相談してみると良いでしょう。登録者数も年々増加しています。

渋谷でバーチャルオフィスを選ぶなら実績のあるユナイテッドオフィスがおススメです。


東京都心で展開するユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、西新宿、池袋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。

また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、バーチャルオフィスであっても株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間550円でご利用できる貸会議室があります。

バーチャルオフィスならユナイテッドオフィスがおすすめです。

バーチャルオフィスのユナイテッドオフィス
バーチャルオフィスのユナイテッドオフィス