独立起業のすすめ

  • TOP
  • 独立起業のすすめ
  • バーチャル仮想空間市場でのバーチャルオフィスの活用、バーチャルオフィスで副業を

バーチャル仮想空間市場でのバーチャルオフィスの活用、バーチャルオフィスで副業を

2021.10.29

  • バーチャルオフィスでユーチューブ

バーチャル市場経済圏でのバーチャルオフィスの活用

 

資本主義が終焉に向かっている今日、ICTと再生エネルギー可能がベースの共有経済または協働コモンズ経済は資本主義に代わるものとしてグローアップしてきている。

これがインターネット経済革命であり、人々の意識、社会のかたちを根本的に変えていく。

今後、AI(人工知能)の進化が加速していく中、

ますます、貧富格差が二極化していく。いまや、必要とされるのは、会社に頼らずとも自立志向のある人である。今後生き残れる人材としては、ビジネススキルがあり、対外的な(海外も含めて語学力)など、コミニュニケーション能力の高い人といわれています。企業に属する、また独立起業するにも、このようなビジネススキルがないと今後は生き残れるのは難しくなるだろう。

40代いや30代から早めの「セカンドキャリア」第二の人生を考えるのも決して早くはありません。

 

 いまや

 

IT情報技術も進化の一途をたどるなか、世界中の数億人もの人たちがインターネットでつながり、バーチャル市場経済圏でのビジネスチャンスも拡大していくことでしょう。

このような時代には、逆にチャンスととらえて

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで

会社設立登記して、副業・複業もいいかもしれません。

東京都心で展開する

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

東京渋谷区、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、西新宿、池袋などの都心の一等地に拠点を設置することができ、フリーランスやテレワーク、副業や不動産管理会社設立など幅広い分野のかたが利用しています。また、各拠点のバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、バーチャルオフィスであっても株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。メール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心にある各オフィスの拠点には、1時間550円でご利用できる貸会議室があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーチャルオフィス東京のユナイテッドオフィス