独立起業のすすめ

バーチャルオフィス活用するメリット一覧

2019.10.30

  • バーチャルオフィス活用

バーチャルオフィス活用するメリット

固定費を大幅に削減して

自由自在のライフワークを実現する

起業、会社を運営していくうえで、特にオフィス事務所の月額賃料

はかなりの固定費の負担が大きい。

ユナイテッドオフィスバーチャルオフィス

それをユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスで

ゆとりのあるビジネスライフを実現する。

初期の費用として通常、保証金(月額賃料の最低6ヶ月から12ヶ月)と 仲介手数料、オフィス設備(デスク、ファックス、電話などの通信機器、 ファックスなどの複合機)の費用と、毎月かかるコスト(固定費および変動費) として、オフィス賃料・光熱費・リース代、その他、電話対応スタッフ給料などのかなりの大きな費用の負担がかかります。このコストを大幅に削減したいという問題は、ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスが解消いたします。

ご自宅に居ながら、

あたかも都心のオフィスに居るような感覚です。

ユナイテッドオフィスから各拠点オフィス住所・電話番号やFAX番号を借り受け、届いた郵便物は国内のご自宅や地方、海外などに転送し、先方イアントからかかってきた電話については、ボイスワープ(転送電話)または、オペレーター(電話秘書代行)が対応するシステムをユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスといいます。

会社設立登記もできるバーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスは都心一等地にあるオフィス

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスなら

中央区銀座、日本橋、港区南青山、表参道、虎ノ門、渋谷、新宿区西新宿、池袋の東京都心の一等地の住所で、株式会社や合同会社などの法人会社設立登記ができるバーチャルオフィスとしてご利用いただけます。 起業はもちろん

在宅ワーク、各種法人設立、通販、副業、個人事業などのフリーランス拠点として、また、地方の企業様の東京サティライト・オフィスとして、その他、サークル、組合団体の連絡カウンターオフィスとしてもご利用いただけます。

法人の銀行口座開設ができるバーチャルオフィス

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスであれば バーチャルオフィスであっても、都市銀行で法人銀行口座の開設が可能です。

 東京一等地のバーチャルオフィス一覧

ユナイテッドオフィス、バーチャルオフィス各拠点

渋谷区エリア

バーチャルオフィス渋谷ユナイテッドオフィス

港区エリア

バーチャルオフィス南青山、表参道ユナイテッドオフィス

バーチャルオフィス虎ノ門ユナイテッドオフィス

中央区エリア

バーチャルオフィス銀座

バーチャルオフィス東京日本橋

新宿区エリア

バーチャルオフィス西新宿

 などの都心の一等地のユナイテッドオフィスバーチャルオフィスに拠点を設置することができ、

士業、ノマドワーク、フリーランスやテレワーク、起業、副業など幅広い分野の方が利用されています。各拠点オフィスのバーチャルオフィスの住所は名刺やパンフレット、ホームページなどに利用することができ、また、株式会社や合同会社など会社設立法人登記や法人用銀行口座開設、社会保険などの申請を行うことが可能です。

各拠点オフィスへ届いた郵便はヤマトメール便や宅配便・書留などの受け取りを転送することができ、バーチャルオフィスであっても東京都心一等地にあるユナイテッドオフィスの各オフィスの拠点には、1時間1000円でご利用できる多目的スペース、貸会議室があります。

都心一等地のバーチャルオフィスは実績のある
東京でバーチャルオフィスを選ぶならユナイテッドオフィスがおすすめ