独立起業のすすめ

バーチャルオフィスとはユナイテッドオフィス

2021.11.09

  • ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィス

バーチャルオフィスのユナイテッドオフィスの活用方法

東京一等地にあるユナイテッドオフィスの

バーチャルオフィスは、自宅に居ながら都心のオフィス機能のすべてが揃う!!

以前はオフィスを構えることは必須となっていましたが、

近年新たなオフィスの形として注目を集め、利用している人も増えているのがバーチャルオフィスです。オフィス賃貸や人件費、光熱費といった様々な費用の削減にもつながり、金銭面でもゆとりを持ってビジネスを行うことができます。固定のオフィスを持たないことにより、より自由度の高いビジネス展開を行うことにもつながります。

バーチャルオフィスとはユナイテッドオフィス

近年では数多くの企業がバーチャルオフィスとして参入していますが、その中の一つであるユナイテッドオフィスは、都心の一等地である銀座にもオフィスを構えており、信頼されて実績もある公認の免許登録業者となっているので、初めてという人でも安心してご利用していただくことができます。ユナイテッドオフィスでは、会社登記も住所利用もできるバーチャルオフィスを利用することができ、虎ノ門のオフィスにも届いた郵便物は転送して、クライアント様からかかってきた電話に関しては転送か、オペレーターが対応しております。転送になった時にも、相手側に転送ということが知られてしまう心配もありません。バーチャルオフィスでオフィスを持たないとなれば、打ち合わせをする時に困るのではないかと考えてしまいますが、

バーチャルオフイスとはユナイテッドオフィス

バーチャルオフイスとはユナイテッドオフィス

打ち合わせに関してはユナイテッドオフィスの会議室をご利用いただくことができ、銀座のオフィスも一時間1000円でご利用いただくことができます。日頃はオフィスを構える必要はないという人や、まだ起業したばかりで初期費用を準備することは困難という時にも、かなり役立つことは間違いありません。プランも豊富になっているので、一人ひとりの利用目的に合わせたものを選ぶことができ、無駄な経費の削減にもつながっています。これからの時代は、バーチャルオフィスはさらに注目されていくことは確かであり、どこと契約をするのかということは、しっかりと考えてから選ぶことがより重要なポイントとなってくるのではないでしょうか。

 

ナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは

港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、渋谷区渋谷での住所利用も可能で、

各オフィスの拠点には、貸会議室があり、1時間当たり550円からと格安で、港区南青山、虎ノ門、中央区銀座、日本橋、渋谷区渋谷、新宿、池袋での住所利用も可能で、各オフィスの拠点には、貸会議室があり、1時間/550円

バーチャルオフィス会議室

とリーズナブルで、使いたいときに使いたいだけの料金を払えばよく大変便利。 郵便物の週1回の転送がついて、月額2310円(税込)〜という価格で、すべてのプランで株式会社や合同会社などの法人登記利用の料金が含まれているのはたしかにリーズナブル。

 

 

 

 

使いたいだけの料金を払えばよく毎月の負担もかからない。

 郵便物の週1回の転送がついて、月額2310円(税込)〜という価格で、すべてのプランで株式会社や合同会社などの法人登記利用の料金が含まれているこれなら、新規事業に毎月発生する固定費の心配はいらない。

いろんな意味で余裕が生まれ、事業が軌道に乗るまで、焦らずじっくりとりかかれる。

バーチャルオフィス東京ならユナイテッドオフィスがおすすめです。

バーチャルオフィスとはユナイテッドオフィス