独立起業のすすめ

実質40歳定年時代、バーチャルオフィスで起業する

2018.09.13

実質40歳定年時代、バーチャルオフィスで起業する

いまや、65歳定年制度。50歳代で「給料大幅減」「役職なし」そこで、40代から早めの「セカンドキャリア」第二の人生を考える。

東京都心一等地でビジネスをこれから立ち上げていきたい方は、

ぜひともユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスをご利用して頂きたく思います。

現代ではインターネットがとても盛んになり、自宅にいながら仕事ができる時代になってきています。ユナイテッドオフィスの運営するバーチャルオフィスの場合なら、例えば東京にいながらでも、まるで海外で仕事をしているような感覚を手に入れることが可能です。

実際の事務所オフィスに入居して会社を開設しようとする場合、普通ならば、多額の前払い金や家賃などのコストがかさむ場合がほとんどですが、バーチャルオフィスならとても格安で、しかも簡単に手続きを済ませることが可能で、しかも電話やファックスなどの細かな対応にも受分に対応できる秘書サービスなどの便利なシステムも採用しております。

いまや、世界のどこでもつながれる時代にあって、

ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスを利用すれば

自由人「ノマド」などにライフシフトし海外や地方のリゾート地に居住して、働き方も、時間、場所などにとらわれず自由に仕事ができる。

会社員である以上将来のポストは限られている

できることは、今の新制度「働き方改革」を利用して

まずは副業から始めてはいかがでしょうか。

早めの「セカンドキャリア」第二の人生を考える。

実績14年のバーチャルオフィスはユナテッドオフィス