独立起業のすすめ

  • TOP
  • 独立起業のすすめ
  • 「ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスはここが違う!当社ならではの強みを紹介します」
「ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスはここが違う!当社ならではの強みを紹介します」

「ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスはここが違う!当社ならではの強みを紹介します」

2022.02.16

バーチャルオフィスは

実際に事務所を構えずに住所や電話番号などを使用できるバーチャルオフィスは、特にスタートアップ企業や個人事業主にとって非常に便利なものです。ユナイテッドオフィスのバーチャルオフィスは住所を法人登記できるので、都心の一等地に集中しています。しかし、たくさんのバーチャルオフィスがあるなかで、どんな違いがあるのか分からず悩んでいる方は多いかもしれません。この記事では、18年もの実績があるユナイテッドオフィスが、他のバーチャルオフィスとどう違うのか、なぜお客様の信頼を得られているのかについて解説しています。ぜひ他のバーチャルオフィスと比較する際の参考にしてください。


ユナイテッドオフィスは安定した運営

当社ユナイテッドオフィスは、実は当社のみで運営をしているわけではなく不動産コンサルティングや起業支援などを行う株式会社ユナイテッド・コンサルティング・ファームによって運営されています。宅建取引業の免許を保有し、自社物件も所有している安定した経営基盤によって運営されています。お客様との長いお付き合いにおけるベストパートナーであり続けられる当社に、ぜひおまかせください。


1オフィス契約で全8拠点すべての会議室が利用可能

当社はバーチャルオフィス機能だけでなく、実際に対面での商談や打ち合わせの場としてご利用いただける会議室を都内一等地に8拠点設けております。

大きな特徴としては、どのオフィスでの契約であっても会議室は全拠点のものが使用可能なところです。青山・表参道・銀座・日本橋・渋谷・虎ノ門・新宿・池袋といったアクセスのしやすい場所の駅近くにございますので、クライアント様のご都合やご自身のアクセスしやすさなどによって使い分けもできますよ。貸会議室は会員限定でご利用いただけるサービスですので、一般的な一等地の貸会議室よりも非常にリーズナブルな料金でご利用可能です。

4名様までご利用可能なスペースだと30分275円(税込)、4名様より多くの人数が集まれるスペースの場合は30分550円(税込)という破格の料金でご提供しております。


月10社限定!株式・合同会社設立登記手続き5,500円

バーチャルオフィスの最大の特徴とも言えるのが都心部の住所や東京03の電話番号で登記ができる点です。当社では、株式会社・合同会社の登記申請に必要な申請書類作成から申請手続き代行までを、他社様では5~10万円の費用がかかるところ、5,500円で承っております。

株式会社でも合同会社でも、登記には書類作成の費用とは別に登録免許税と定款認証料がかかります。作成から申請、認証をご自身ですべて行うのは手間ですし、必要なソフトや機器もあります。

その点、書類作成と手続き代行を非常にコストを抑えてご提供している当社をご利用いただきますと、ご自身で書類を作成して登記申請するよりも最大約34,500円もお得にできますので、ぜひお気軽にご依頼ください。

こちらは非常にお得なサービスとして月10社様限定でのご提供となっており、かつ「テレボックスⅠプラン」以上の年間契約が必要です。

「テレボックスⅠプラン」は当社ご提供のプランのうち、もっともスタンダードで人気があるものです。郵便物を受取り週に1度の転送、日本国内どこにいても03専用電話で電話の受信できるプランです。クライアント様からかかってきた電話については、ボイスワープ(転送)されますので、クライアント様には03から始まる専用番号をお伝えいただけます。また、オプションとして、お持ちの固定電話や携帯電話から専用の03から始まる番号での発信が可能なサービスもご用意しております。

各プランは毎月払いも可能ですが、6か月前納や12か月前納でさらにお得な利用料金となるサービスを実施しております。こちらもぜひ併せてご検討ください。

バーチャルオフィスでコストを抑えた会社運営を

バーチャルオフィスは資金面やプライバシー保護、そしてブランディング面でも大いにメリットがあるものです。 場所を選ばずに働ける時代であっても、どこに事業所としての住所を置くかは大きな問題です。

バーチャルオフィスのユナイテッドオフィス
バーチャルオフィスのユナイテッドオフィス

バーチャルオフィスなら実績のあるユナイテッドオフィスがおすすめです。